月別アーカイブ: 2013年7月

拭き取ったら消える白い斑点。カビ?いいえ、それはスピューです。

革靴にもっとも多く発生する白い粉ふき。
一見するとカビのように見えますが、これは「塩スピュー」と呼ばれる現象で、カビではありません。
雨に濡れた革製品の水分が乾燥し、蒸発する際、革に含まれていた塩分が水分と一緒に引っ張り出されて粉吹きが起こります。
このような「塩」が主成分のスピューは、水で固くしぼった布で簡単に拭き取ることができます。

・・・が、革靴はなめしの段階でも塩を使っており、はたまた汗や皮脂による塩分もしっかりと蓄積されていますので、雨濡れによるスピューの再発は避けられません。

定期的なクリーニングで汗や皮脂汚れをしっかり取り除くことが大切です。

撥水スプレー等による防水対策、新聞紙を詰めて保管する等のご家庭でのアナログ管理も、もちろん効果的です。

そして厄介なのが、革の洋服に多く見られるスピュー。
これは「ファット(脂肪)スピュー」と呼ばれるものです。

脱蝋の足りない天然油脂や高融点合成脂肪(パラフィン等)を含有する加脂剤を使用 した製品、あるいは事前の除去が不十分だった原料皮の体脂肪分が製品後まで残留していた場合に発生すると言われています。

要するに、製造過程のどこかで脂の調整が不十分、あるいは行き過ぎた製品に多く見られる現象と言えます。冬場は特に多いですね。

塩スピューのように、拭き取っても取り除くことができません。
ご家庭での対策は極めて困難で、通常のクリーニングでも改善できません。

ある意味、カビより厄介なトラブルと言えます。一般のクリーニング店では断られるケースも多いでしょう。

このようなファットスピューにはドライクリーニングが効果的。脂肪分を分解します。
さらに低融点の油剤を添加して軽減する方法等、特殊なメンテナンスも行っています。

これはスピューだな!?と思ったら、是非一度デアにご相談ください。